2017 O 時が止まり1年

ここのところ、ふとした時にあれから1年近い歳月経ったんだなぁ~っとしみじみすることがある。
あの時から1年。   早いなぁ~って言葉を発してしまう。

わんこのいる景色、暮らし。 忘れてきちゃったよ。

日常に流され過ぎていて・・・ 
 
暖かくなりお庭を眺めている時が一番切ないかな。

いまだにあのコたちが居たら、これ買ってあげたかったな、ここ行きたかったな、、って。
新しいコが来ればそのコへ何をしてあげようかと考え楽しむのだろう。

ジャスミンは一緒に遊ぶって事を教えてくれたわんこ。
オリーブはいつでも私のそばにいる事が当たり前のわんこ。

わたし居なくなっても暮らせるんだなぁっと頭を過る。
c0134862_17573876.jpg

                 幸せな時間をありがとう。 


写真ː16歳の誕生日ごろ、茅ヶ崎の砂浜を走り回る後姿

まだ新たな縁は無いけれど、いつかそんな日も来るだろう。

別れが近づいていても日々の点滴は必須だったね。 延命に繋がる行為といえばそうなるのかな、尿毒症のつらさから少しでも楽になるように痛み止めと輸液という水分補給だけは続けたんだよね。
最終的には24時間点滴になり出掛ける事も歩くことも出来なくなり、動くことも出来なくなってしまってたんだった。
それでもアイコンタクトでトイレ行きたいって訴えてるように見えてペットシート連れていくとちーーって出たね。
その先はまだ書く気にはなれない。
一生懸命すぎて、亡くなるどのぐらい前から歩けなくなっていたのかも覚えていない。
写真だけが真実を知っている。写真にマウスを充てると日時時間が表示される。
あ~オリーブこの時こんな感じだったのか。 もちろん痛みの酷い時や薬を飲ませなきゃいけない時は、私も必死だからその時間の写真は無い。
パパは仕事から帰るたびに悪化しているオリーブを記憶しているという。
切ない。



久しぶりに最後の時のオリーブの写真ホルダー開けてみた。

c0134862_18303373.jpg
梅が咲き、桜の時期を期待して、オリーブと一緒にお花見行きたいねって、希望が叶わないと分かったとき、パパが駅前の花屋でこの時期に咲いている “桜” 買って帰って来た。
よく売ってたね・・・ って聞いたら、卒業シーズンで注文されていた分を仕入れたんだと。
店頭売りしていないけど、一本だけならどうぞっと譲ってくれたらしい。

花見は行けなくても部屋の中なら花見出来るだろうっと。 気分乗せ乗せ、少しでもモノを食べてくれたら、薬を飲んでくれたら、その希望たぶん叶っていない。
それでもオリーブと一緒に花見。  優しい匂いが部屋を充満していた記憶。


亡くなった日の明け方、いつの間にか眠ってしまっている私に、 “ママ行くね~” って穏やかな表情のオリーブが言っているかのように目が覚めた。

ママ行くね~の言葉と共に、なになに~どうしたっと頭を撫で、抱きかかえると、旅立ち筋肉が緩み生暖かいちっこが少し出て来た。

オリーブ逝ったんだ。

ものすごく穏やかな表情。  2.3時間前まで悲鳴上げていたとは思えないほどやさしい表情。
やっとお迎え来てくれたんだね。痛みから解放されたんだね。 見送れる勇気が無い私でさえ見送った方が良いと思えるまで時間くれたんだ。


パパに連絡、たくさんオリーブに感謝して、血まみれだったお尻まわり綺麗に綺麗に洗ってあげたんだ。たくさんたくさん抱きしめて。

それからは必要な連絡をして・・・   


c0134862_18292602.jpg
当日なにしてるんだか・・・  オリーブを受け入れた時、オリーブの木も一緒に買ってきた。
そしてオリーブと同じ年月16年と11か月私と一緒に暮らした木をバッサリ切った。

家の中オリーブの葉っぱでいっぱい。

あれから1年オリーブは居なくなってしまったが地植えしたオリーブの木は勢力を増して大きく育つ・・ イヤ育ち過ぎ(笑)  この時期同じようにバッサリと切った。
オリーブの生命力と同じだぁ~って嬉しくもあり、もう少し手加減して育ってもらわないと困るよ~なんて思ったり。
c0134862_18283522.jpg
旅立った後のオリーブへ、天使になってほしいと輪っか作りかぶせてみた写真がある。
もちろん焼き場にも天使の輪っか持たせました!!
この写真は寝ているみたい。
毛艶もいいし、ガリガリにもみえない。
食べるって行為がほとんど出来なかったのに、たいして食べていなかったのに、写真に写るオリーブは寝ているみたい。

会いに来てくれた方達も寝てるみたいだねって言ってくれた言葉がとても嬉しかった。
だいぶ苦しい時間を過ごさせちゃったから、そういう姿見せずにいるオリーブが誇らしかった。



次の日・・・  空へ昇るかのように煙があがり、骨になってしまったオリーブ。
1999.2.6生  17歳と1か月半、半年薬と点滴漬けだったから、骨ボロボロでもしかたばうと思っていた。
でもね、姿かたち、まんま残っていた。

爪も尻尾もぜーんぶ!? 短い脚も背骨も骨太で♪
さすがオリーブ。 私の大好きなオリーブ。




時折懐かしむ時間、記事書いてみるかな。 


 
c0134862_18252202.jpg

# by olive9926 | 2017-03-23 05:25 | Olive♪ 病気・怪我 | Comments(0)

2017 お雛様

3月3日。  

日常に流されてる日々。次から次へと楽しみとトラブル。。
心を平穏に~なんて時はいつくるのだろうか。

節分が終わり、お雛様。
厄災をいっさい引き受けてくれるであろうお雛様人形。

今はもうお雛様とお内裏様しかいないけど・・・  鎮座してます♪
去年まではおやつ目的なオリーブが居たけど、今年は居ない。
c0134862_15231095.jpg
オリーブの被布も一緒に飾ってみた。 昨年二月に撮影してもらったカレンダーと共に。
七段飾りの緋毛氈(ひもうせん)は今の我が家仕様、弐段のサイズに義母に縫ってもらったんだ。
サイズぴったりでいい感じ♪♪
パパにジャスミンにも作ってあげればよかったかな~??なんて話したら・・ 

もう忘れたのか? 都合のいい頭だなっと。悪いことはすぐに忘れるらしい。

バーバリー着せようが、ハーレーのジャケット買ってあげようが、そのまま水たまりにダイブ!
ゴロゴロしてご満悦~。走り回って喜んでるかと思えば、破いて戻ってくる。
そんなことばかりだっただろう~っと。

そうーでした、そーでした。
優雅な大型犬想像して、お揃いの洋服着せて・・・ は夢でしたね。

やんちゃな自然児だったなぁ~って事思い出した。 
楽しそうではあったけれど、ガーデニングしてればプラスチックの鉢植え強奪、中身を引っこ抜き、鉢植え口に咥え目深に被った帽子のような状態になり、見えていない状態で走り回るもんだから、どこかにぶつかる。 身体も土だらけ(自分で鉢植えの土頭からかぶってるんだもん) (´◉◞౪◟◉)  呆れるばかりだったね。
飼い主にとって教科書通りとういか、思う範ちゅうのオリーブと違い過ぎて、溜息と笑いを振りまいてたっけねー。
c0134862_15490690.jpg
もし、ジャスミンにも作ってあげていたら、このぐらいの大きさだったのかなー。
オリーブとジャスミンの体重差は約8倍。人間の三歳児より大きいか・・ 無理かな?
オリーブの被布作ってもらう時、人間と違うのは胸廻りぐらいだよっと。
わんこの場合は撮影目的だろうから、背中にも飾り付けたり引きずらないようにってぐらいだよって聞いたような。
上記のボロボロ被布は私の七五三のもの。  妹も着てる。 近づくとかなりのボロ。
当時貧乏であったろう祖母が買ってくれたと思われる。
で、私の母ですもん。 ジャスミン同様、水たまり大好きな私が汚し、食べこぼし、洗濯したんじゃないかな~。

現存してるけど・・・  ボロボロ。  わたしにとっては想い出の品って事で納得する。

ジャスミンに着せてみれば良かったな~って今は思う。

次に縁のあるわんこは男のコかなー 女のコかなーー。  女のコだったら、わんこが喜んでいるはずないだろっと言い切るパパ尻目に作ってあげちゃうのかも。
それにしても、はかま姿の似合っていたジャスミンだったな~ww

c0134862_15234261.jpg
ふたりを想う時間のお雛様でした。  お庭の豊後梅満開♪♪


# by olive9926 | 2017-03-03 00:00 | Comments(0)

2017 お友達

わんこ居ない生活・・・  10ヶ月。

時の流れるのはとても速いと思う。  あれから10ヶ月も経っているなんて。
新たにいぬ友が出来るはずもなく、ジャスミンを通して知り合い、気が合い、縁があり、オリーブを可愛がってくれたいぬ友さん達。
縁が遠くなる人もいる中、我が家にわんこが居ないのにもかかわらず、お付き合いの続いているいぬ友。
10年近い月日が、いぬ友の枠を越え友人になっていると思っている。
ジャスミンが運んできてくれた縁は幸せいっぱいなんだけど・・・    そのわんこ達も年を重ね、お別れが増えて来た。  

寂しい。

ジャスミンが居なくなり、オリーブが居なくなり、だんだんと自分の興味がわんこ関連から離れていっているようで、わんこブログも覗かないことが増えている。近況もしらなくなっている。やっとわんこグッズも処分し始めてる。
そんな中、ジャスミンの親戚さんmomoちゃんの弟分TARHOくんが亡くなり驚愕した。
歩行が大変になってきているとは聞いていたけれど・・・。
若いって思い込みが大きくて、また会えるって気持ちが大きくて、いつかじゃダメなんだってわかってるつもりがわかっていないんだ。
momoちゃん大好きだったから追いかけて逝っちゃったのかな。心配でmomoちゃんがお空から呼んでしまったのかな。頭の中そんな気持ちがグルグル廻ってる。    

その二日後・・・ ジャスミンの幼馴染のような存在のコが亡くなった。
すぐに会いに行くことできなかったけれど、お別れの時は一緒に参加させてもらった。 
c0134862_22472601.jpg

 寝ているみたいにみえる。
病気療養中というよりはもっか治療中だったんだよね。  その治療が功をなすことを皆が望み願ってた。
お誕生日がオリーブと一緒で、毎年ではないけれど、一緒にお祝いすることも多かったんだ。
ドッグランで遊んでいた頃はピーピーラバーボールが大好きだったと思う。 ボールめがけみんなで走ったよね。
あの頃のオリーブはピーピーボール欲しくても、みんなと走るの嫌でね、ひとりっこ気質だったから自分に投げてもらった時だけは譲らない。ほかのコがピーピー鳴らしてると欲しいのに諦めちゃってね。
あの頃の懐かしい思い出がよみがえる。
アー君もピーピーラバーボール大好きだったよね。
そしておやつタイムはランの中で整列するかのようにみんなワクワク。
年の順番よ~ なんて掛け声で一番にオリーブがもらい、うまうま。

にばん、さんばん、、、 よんばん、、、  このあたりからほとんど年の変わらない幼馴染。
ジャスミン世代。
犬種も大きさもマチマチ、それでも年功序列を待ち、ワクワクしてるわんこ達、可愛かったなぁ~ 懐かしいなぁ~。。
ジャスミンは晩年、食べものトラブルで頭悩ましたけれど、、 幼馴染たちとの年功序列制度は目を輝かしながら、早く食べたーいって地団駄踏んでワクワクしてたね。
オリーブだけ年離れていたから、優遇してもらっちゃってさ、ジャスミンは幼馴染のようなコたちと日々楽しそうだったな。。

ジャスミンは飼い主とボール投げをして楽しみむってコではなくてね、ほかのわんこと遊びたい、そっちばかりでね。
ドッグランのボール投げ時間はよそのコのボール奪っては、ほらほら~追いかけて~って調子でね。デカい身体して逃げ回るの。
誰かに追いかけてほしくて、追いかけられないとつまらなくて・・・。  まったくしょうがないやっちゃだったわ。

普段は思い出さないような事も、こんな時はいろんなことが頭をよぎる。
寂しいのに、楽しかった時間がポンポンと頭に思い浮かぶ。
c0134862_22473904.jpg
お別れに向かう時の富士山。
くもり予報だったのに富士山見えた!!
富士額犬って言われていたアーくんの旅立ちに姿見せたのかな。

合掌。




# by olive9926 | 2017-02-14 13:29 | Friend | Comments(0)

2016 コ育て・・・

犬無し生活になり8ヶ月以上の時が過ぎた。相変わらず、壊れたハードディスクは修理中。
本当に治って戻ってくるのだろうか??
久しぶりに何とか復活しているデータ覗いてみた。懐かしい二人がいる。
c0134862_17162823.jpg
c0134862_17165886.jpg
      ※ 2012 夏 オリーブ13歳・ジャスミン8歳  茅ヶ崎の海
     洋服脱いで水に入ったジャスミンのイキイキさに笑ってしまう。

居て当たり前の生活だったはずなのに・・・  居なくて当たり前の生活になっている現実。
寂しくなーい?? って言われると居ないのだから寂しい、そういう日もある。
なのに・・・  はずなのに・・・  そうでもない気もする。

ペットロスにならない!!  この言葉が私の精神の支えなのかも。

30年前、散歩中の事故で亡くした初めてのわんこ “ぽち”  
まんまペットロスに陥り、動物は好き、特にわんこは大好きだったけど、二度と犬は飼わないって決めていた、そして思っていた。
パパの強引さというか、当時の話は長くなっちゃうけど、縁あってオリーブが私のもとにやって来た。
“ぽち”が亡くなって12年と半年も経っていたのだった。

流されるようにペットのコジマで手続きして(笑)  小さすぎるから一か月半もペットショップに預かってもらい、来てみたら可愛すぎて溺愛。
それまでの生活一変。
職場での会話はわんこの話ばかり。
誰にも触らせたくなくて・・・  パパの友人以外なつかないコになっていた "(-""-)"

母や妹でさえ懐かないコ(笑)   片時も離れたくないほど溺愛。
犬を育てるためのビデオ(当時はまだビデオだった)や書籍買いあさり、教科書通りに成長するオリーブ。
可愛くてかわいくて・・・  頭もよくってね。

毎朝、仕事に行くための制服着ると後追いもしないの。シラーっと見送るの。
それがお休みだと後追い。  職場とおうちが目の前だったから、日に何度も帰ってこれたんだったなぁ。
食事はまだ4回の頃で、パパが骨折して何か月か偶然家に居たんだっけな。
よくよく思い出すと、食事も遊びもトイレトレーニングもパパがしてたような気がしてきた・・・。

あれ?  わたしコ育てしてないのかも。。

オリーブが6歳に近づくころ、ペットロスに私またなっちゃうかも、どうしよう。。
そんな風に気持ちが揺らいだ時期に、多頭飼い(犬猫6匹)の友人の楽しそうな姿。
自宅で出産させ、感動を見せてくれた友人。
オリーブを包み込むような優雅な大型犬を迎えたくて、ブリーダー宅にも伺ったんだよね。

お正月、ぷらりと寄ったペットショップに居た、「フラットコーテットレトリバー」の♀  
大型犬、レトリバー、きっとオリーブを優雅に包んでくれるだろう~っと妄想が膨らみ、数日後アポを取ったブリーダー宅に伺い決めてきた。
思い出せないけど・・・  お金を準備していったという事は、飼う気満々だったってことなんだろうな。

そして生後45日を待ち迎えに行った。。  ジャスミン我が家の三女となる。
共働き、来た日から9時間のお留守番。。食事は2回。    毎日サークルとハウスの中、ぐっちゃぐちゃ(笑)
出勤時間は違えど、帰宅時間が一緒だったパパと私。別々の車で帰宅。
玄関先で顔を見合わせ、そこから無言で日々サークル内を片付ける係、粗相まみれのジャスミンを洗う係に別れ、じゃれて遊びたいジャスミンの世話から始まる日々だった。
シャンとオリーブは昼間どんな暮らししてたんだろうな~。

教科書通り、ことの進まないジャスミン。
お留守番の長いコは覚えも遅い、それは仕方ないこと。
そう思って気長に育てようと思っていたものの・・・  夜泣きの酷さに虐待してると近所から通報されるんじゃないかと、二日目で人間が折れた!! それぐらい酷い泣き方だった。
でもでも、甘やかしちゃイケないってサークルを挟み一緒に寝た(笑)  独り寝させるまで2か月以上も添い寝してたわ www
膀胱の奇形でいつも違和感と残尿感があったのだろう、とにかく寝てくれない。。 1、2時間寝ればいい方。 ちっこしたり遊んだり。
なんで~ なんで寝てくれないの?? 
そんな時、これも不思議な縁で妹Mちゃんが我が家に数か月滞在することになり、昼間ジャスミンの世話をしてくれることになった。
食事の回数も4回に増え、シェルティーと同居してみたり、弟分のアロハも我が家で育った。
私が出勤してから、帰宅するまでの間妹Mちゃんがジャスミンを育てたといって過言はない。

パパはサークル掃除、ジャスミン洗浄の任務を免除。。 っとうか、Mちゃんが自宅に居るので、ぐちゃぐちゃ粗相になることもなく、あっという間にトイレも覚えた。付きっ切りで育てるってそういう事なんだよね。。 きっと。

・・・ っという事は、またしてもわたしコ育てしていなーい!

シャンプーは・・・  パパの連れコちゃんだったので、育てる以前に成猫だった。

うーん、うーん、、、わたしどのコも育ててないじゃん (´◉◞౪◟◉)  パピーから暮らしてるから自分で育てた気になってたけど、振り返ると全く育ててない(笑)
えっと、えっと、次にパピー迎える時ってわたし育てられるのか? 心配になって来た。

誰一人使わない庭を眺め、懐かしい日々を想い出す。  あと一度、あと一度ぐらいなら大型犬飼えるかな。一緒に楽しめるかなって気持ちとジャスミンが空の住人になり3年もの月日が流れている事、コ育てしてなかった事実。
自信無くなって来た。 はぁ。。

こんなこと考えてる時点でペットロスなのだろうか。



# by olive9926 | 2016-12-05 10:46 | Comments(0)

2016 J 3年の月日

天真爛漫に遊ぶことが大好きだったジャスミン。海に行ったり、雪が降ったりすると、ジャスミンがいたらなぁ~ 喜ぶだろうなぁ。。。
何年経っても変わらず思うだろう。
c0134862_13251943.jpg



あれから3年 想い
# by olive9926 | 2016-11-21 21:15 | Jasmin♪ 病気・怪我 | Comments(4)

2016 S 8年

たまーに、このままでいいのかな~?っと寝室にあるキャットタワーを眺め、まっいいかっとという月日。
特に不便があるわけでもなく、ただ何となくこのままでいいのだろうか~?って気持ちは常にあったんだよね。

良く動くジャスミンが我が家にやってきて・・・・  オリーブはリビング拒否して・・・。
シャンプーは落ち着かないだろうと、キャットタワーをリビングから寝室に動かした11年前。

それから2年半ぐらい、我が家は3姉妹だったかな。

シャンが天寿を全うし・・・。 納骨堂や土に返すことなく、キャットタワーの最上部に鎮座させたままだった。
もちろん、供養のつもりで水は取り換えていたけど、ただそれだけで月日が流れてたの。

何かに突き動かされるように、そうだ!!
キャットタワー処分しよう。  そう思うった。
シャンはオリーブジャスミンと一緒の棚にお引越ししよう。

シャンは猫、埼玉に越してきて初めて出来た友人に教えてもらった近くのペット葬儀場。
とても親切で気持ち良く見送れた葬儀社。
オジサンが、猫ちゃんはね、身体のわりに顔が長いから大きな骨壺か、少し砕いて小さい骨壺に入れるんだよ、それが嫌だから、霧の箱をおすすめするよってそちらを選びました。
当時は言われることがすべてで、そんなもんかな~?っとそれをえらんだ。
名前や無くなった日付など、中に記載してあったみたい。とてもシンプル。
箱を空けなければわからず、あれから8年の月日でどうなっているのかパパとふたりで空けてみた。

キレイなままのシャン。

6月10日 享年19歳 シャンプー  って筆の様なモノで書いてある。

味があるという感じ。
たまには思い出せ~ってこのタイミングで突き動かされたのかな。
それとも、オリーブが居なくなるまで動物のいる結婚生活。
今は夫婦ふたり。  3姉妹一緒に居るよってことなのかな。
c0134862_954360.jpg

ごちゃごちゃしていたオリーブジャスミングッズは撤去。
これ以上撤去出来るモノ無い |д゚)  オリーブが亡くなり、わんこ関連の手紙がポストに入っていても、あ、もうイラナイやって処分。 
そんな中、ダックスだぁ、オリーブに似たコがモデルだぁ~ってマジマジ見たら、オリーブそのものだった。 本当に驚いた。
最後に出掛けた横浜のショップ。帰りがけに入口で写真撮ってもらったモノを印刷して優しい言葉が書いてある。
また元町遊びに来てね~って書いてある。
細かい病状知らせてないし、亡くなって1か月以上の月日が経っているから嬉しいやら驚くやらで処分できず。
あとシャンの持ち物と写真も少し置いておきたいな。

想い出。

今思うと、このコが一番手間とお金がかからなかったかも。
享年19歳。
   
ジャスミンが来るまで、ペットに掛けるお金って本当に微々たるもので、猫砂・ペットシーツ。
フード。 おもちゃと洋服。
ペットと旅行なんて思っても見なかった時代。


オリーブとシャンプーは大きさもさほど変わらず、対等だったのかな。
当時引っ越しを繰り返ししている間に、オリーブは自分が一番だと思ってしまったようで。。。
シャンプーは当たり前に自分が一番だと思っていた模様。
廊下ですれ違えはどちらも譲らず(笑)

オリーブが“わん”っと吠え追っ払うそぶりを見せれば、シャンは猫パンチで応戦。
ふたりとも小さいし、猫と犬、 知恵のある成猫と若いオリーブ。4次元の動きのシャンと二次元の動きのオリーブ、
勝負というより、瞬間どちらも譲らないって主張しているだけ。 
シャンが優勢ともいうね。  布団の中、こたつの中、、、そういうリラックスしてる場所でまどろんでいるシャンのうえを布団の上から踏みつけて歩く時だけがオリーブ優勢だった記憶。
懐かしいなぁ。

お世辞にも仲良しって言えないけど、どちらかが怪我するわけでもなく、同じ座布団にふたり寝てる時もある。ごはんや水で取り合うこともなく、おうちの中で共存。
そんなふたりだった記憶。
ジャスミンは末っ子まんまの気質でね。。
オリーブ姉ちゃんの事大好きすぎて嫌われて・・・
シャンプーには動きに勝てず、静かに見守るだけ。 
鼻先をゆーっくり突き出して匂い嗅ぎたいのに逃げられてばかり(笑)
時折、シャンプーとオリーブの小さな戦いをそばで眺めてとばっちりを受け、猫パンチ喰らい、鼻先から猫パンチの爪痕つけられちゃったりね。
上手く共存してたんじゃないかな。。

亡くなってお別れするときのジャスミンたらね・・・  今までゆっくり匂い嗅がせてもらったことないから、シャン身体ぐいぐい鼻先つけて匂い嗅いでたっけ。
え、、そんなにかぎたかったの??って家族で笑ってしまった。
本当に懐かしく遠い記憶だわぁ。
追いかけまわすわけでもなく、猫ってなんだ~? だったジャスミン(笑)

# by olive9926 | 2016-06-10 12:00 | シャンプー♪ | Comments(0)

2016 一区切り

すっかりブログも放置。
オリーブジャスミン、そして我が家日記みたいに写真を載せ、いつか製本したいなぁっと思っていた。
当時は、ブログも主流だった思う、我が家のコ達も現役バリバリ楽しんでた。
今はFacebookやInstagramだよね。
ジャスミンはお空へ、オリーブも細々命の炎燃やしてる。
闘病ブログになってしまうのはイヤだな、って思ったり、同じ病気のコの飼い主さんと交流してみたいような。。。
とても人と約束を出来るほどオリーブが安定していないので、ムリかな~??って思ったり。

思い出の写真をアップし一旦おわりにしようと思う。
って写真整理するのにどのぐらいの時間が掛かることやら(笑)

整理し切れていない写真膨大にあるので、それがおわり次第一区切りするつもり。
ジャスミンを通し知り合った方々とも疎遠になっていたり不義理していますが、いつかまた縁があれば出会いがあると願ってる。
c0134862_154430.jpg
2006 春 7歳のオリーブ♪
人見知りっコだったオリーブもモッテコイは大好きで~ 走り回ってたよね (*^_^*)
10年ひと昔ってことば通り、今の面影無し。
c0134862_15174675.jpg
c0134862_15175293.jpg
こちらも10年前 GW
な、懐かしいなぁ。
さーてと膨大な写真を整理しなきゃ。 いつまでも終わらない。
# by olive9926 | 2016-02-29 23:59 | ご挨拶

2016 St.Valentine おうち撮影会 ③ ピンクマントバージョン

お着替えして、ピンクでお願い♪
c0134862_2041319.jpg
お願いぃ♪
c0134862_2041988.jpg
c0134862_20411552.jpg
あらら、歩き回るもんだから・・・ 帽子がマフラーになってるよ (^_^;)
c0134862_20422545.jpg
c0134862_20423188.jpg
c0134862_20451763.jpg
変顔シリーズ!!
飽きて来たかな?? 大あくびですぅ。
c0134862_2045572.jpg
脱がしたら・・・
c0134862_20461433.jpg
フレームアウト! あはは
# by olive9926 | 2016-02-14 23:40 | Comments(0)

2016 St.Valentine おうち撮影会 ① お試し

オリーブの体調・・・  日々、いえ一日の中でもいいじゃーんって時とあれれ。。って時とあるので、イベント日ではなくパシャ頑張れる日に撮ってます (*^O^*)

この季節、お外で遊ぶぅ~は厳禁ですからね。
大丈夫かな?って連れて歩き、その後もうダメかも。。。  こ、呼吸が・・・ なんて思いも何度かしてぬくぬくのお部屋で一緒に楽しもうって決めたんだ。
c0134862_2027034.jpg
センス欲しいなって思う。アレって天性のモノなのかな、鍛えてなんとかなるもんなのかな。 
グッズはおうちにあるモノ探して~撮影挑みます。  
バレンタインっていうと、“赤・ハート・チョコ”かな。
アレンジにのめり込んでいた時の残骸を屋根裏から探し出してきて、、 ふふふ~壁に掛けたら良い感じ♪
チョコはパパの分しか無いので~  こんな感じでどうだろう~?
真ん中のパネルは・・・ 少し前オリーブが頑張って茅ヶ崎で撮影したモノ。
すでに自宅に届いているということは撮影はかなり前ですぅ。 
体調がイマイチだったのかな、おめめがびみょう。
c0134862_20271164.jpg
c0134862_2027198.jpg
オリーブ頑張れるかなぁ~? 頑張れる所まででおわりです。
あらあら、、、 通り過ぎですか(笑)
c0134862_20273081.jpg
c0134862_20273520.jpg
c0134862_20274062.jpg
c0134862_20274482.jpg
c0134862_20274943.jpg
c0134862_20275974.jpg
オリーブぅ~ガンバッタネ。。 衣装変えてもうちょっと頑張ろっか (*^O^*)
# by olive9926 | 2016-02-14 23:25 | Comments(0)

2016 St.Valentine day

去年はOliveからチョコのプレゼントもらいました♪
今年は赤いドレス着た可愛いオリーブを見せてもらって大満足 (*^O^*)
c0134862_2113421.jpg
c0134862_2113076.jpg

c0134862_2113243.jpg
c0134862_2113358.jpg
c0134862_21135776.jpg
c0134862_2114516.jpg
c0134862_21141351.jpg
c0134862_21143055.jpg
c0134862_21173336.jpg

# by olive9926 | 2016-02-14 00:59 | Event?? | Comments(2)