2014 ご機嫌な墓地 其の弐

墓地にあるお地蔵さま。
c0134862_2161746.jpg

子どもだったわたしたちは、ここに建立するときに“お稚児さん”って言葉と共に衣装来て、鼻筋に白いおしろい塗って、お寺を出発してたくさんの人と練り歩いた記憶。

大人は、お金を納め、子供たちは行事に参加した記憶。
あれから、墓参りの度にここにもお花とお線香をあげていたはずなんだけど、いつの間にか素通り。
母と来なくなってから素通りするようになっちゃったのかな??
覚えていない事いっぱい。
日々の生活に流されちゃって、自分の中でどうでも良いと判断したものは忘れる頭なんだな ハハハ

※お稚児さんに参加することで、み仏に守っていただき、やさしく賢い良い子になるという願いをこめ るものです。
頭上にみ仏の聖水を頂く、灌頂(かんじょう) という儀式もあり、物事の道理をわかる賢 い子になるようにとみんなで願います。
お稚児さんといってその着飾った姿はそれは可愛らしいものです。
お稚児さんは、乳飲み子から小学生までと年齢にはばがあります。


ふと、立ち止まって懐かしい事思い出しましたww
c0134862_2132426.jpg
c0134862_213669.jpg
そんなこと関係ないオリーブのこの笑い顔。 癒されちゃうねww
嫌なこともみーんな忘れちゃう??




c0134862_2121584.jpg
4つ足といえど、急坂は滑り落ちます!
その滑り落ちるのが楽しかったりするのが我が家のわんこ達 (^_-)-☆
特にジャスミンは滑り落ちるのが大好きで、4つ足伸ばし頭から落ちていくぅ。
オリーブは、4つ足経ったまま滑り落ちて、一生懸命登ってくるの。
でね、また滑り落ちる(笑)  その繰り返し。
c0134862_213107.jpg
c0134862_2131647.jpg
c0134862_2132043.jpg
c0134862_2132897.jpg
c0134862_2133325.jpg
c0134862_2133882.jpg
c0134862_213112.jpg
c0134862_2202363.jpg
c0134862_2202988.jpg
c0134862_2203596.jpg
c0134862_216563.jpg
c0134862_222175.jpg
のんびり過ごしました。
さーてと帰るとしますか。
また来月来るよ!!  その頃は木枯らし吹いて寒いだろうな~。
by olive9926 | 2014-11-27 11:19 | 日帰り | Comments(0)
<< 2014 紅葉 いちょう @ 練馬 2014 ご機嫌な墓地 其の壱 >>