2014 O 抗生物質・ステロイド効果

オリーブ体調不良から8日目。

あれよあれよと悪化する状態に付いていけず、どうなってしまうのかと不安ばかり。
検査結果はまだ揃いきりません。

が、発熱、体重低下著しく、本犬気力体力ない状態。
病気と闘う前にヤバい状態。
3日目、言いづらいのですが、このままの状態だと“覚悟してください”っと。
そのぐらい、急激な悪化と原因がわからず、抗生物質も効かず、熱も下がらず、検査が終わらないと緊急処置としてのステロイドも打てない。
食べない、飲まない、、

なんとなく、食べないとわんこ自身が決めると1週間程度でお空からお呼びがかかるような気がする。
老衰ってそういうことだと思うし、オリーブにもそうなって欲しいと願ってた。
そう、いろんな機能が低下してきてオリーブちゃん寿命全うしてお空に向かってるんですよっていうのなら、 うん、うん、、そうだよね。
見送ってあげなくちゃね、見送るよって思うよ。
でもー ちょっと前までそんな素振りなかったじゃん、明らかに何か原因があるはず、そんな状態で見送りたくない、見送れるはずないでしょ!

かかりつけで思いつくであろう病気に対して、検査して検査して、抗生物質も変更、検査終了とともに外注結果待たず、今を乗り切るためにステロイド注射。
とにかく、熱を下げ、食欲を増進して、治療開始出来るように頑張んなきゃなのよ。
オリーブの不満顔、怒り、そんなことぜーんぶ受け入れるから、オリーブ一緒にガンバロ。

日々、日帰り入院して先生やスタッフさんの手も煩わせたでしょう、オリーブ自身も頑張ったはず。
先生の選んだ点滴、注射もよかったんだと思う。

何とか検査結果を待ち治療に挑めそうな状態になってきました。

朝ごはんと薬(5種)を飲めたことで、8日目にしてやっと通院しない日となりました。
おトイレにうんちもボトっとあります。 こちらも8日目です。
一安心です。
c0134862_1852673.jpg

現在朝飲まなければならない薬 5種!
小さいのやら大粒(小型犬には…)、これだけの量飲ませる自信なくて、優先順位教えてもらってます。
そして3種類まで飲ませられれば、通院なし。 無理であれば通院して注射です。
何より、食欲が戻ってきたので薬を飲ませる事が出来ました。
今の薬に効果があるのか、はっきりしなかったので、明日までの薬しか手元にありません。
変更するかもしれないのでね。。

そんなわけで、明日はまた通院ですが、晴れ晴れとした朝になりました。

この年齢、1週間の体調不良で下半身フラフラだけじゃなく身体を支えてるだけで疲れちゃうのです。 
体重低下も著しかったので、ウエストのくびれも気になります。
いいさ、いいさー! 
食欲が戻り、私の後を付いて歩いているうちにまた筋力も戻ってくるでしょう。
GW明けには何かしらの治療も始まるだろうし、それを待てる状態なので、心の中バンザーイ!です。
c0134862_23575557.jpg
オリーブの満面の笑み早くみたいなー!(写真は4/17撮影)
by olive9926 | 2014-04-30 06:45 | Olive♪ 病気・怪我
<< 2014 ジャガイモに豆  2014 O 検査から治療開始... >>