2014 flower 4月 球根

アッツ桜  別名 ロードヒポピキス
c0134862_19321072.jpg
小さくてピンクがかわいいので花壇の端っこに植えてます!
たくさん増えるでもなく、減るわけでもなく、毎年開花してくれる優等生。


netサーフィンしてたら、
球根がよく増えるので分球して増やします、毎年春に植え替えますって書いてある…
そ、そうなの(・・?  だから我が家では増えないんだー 知らなかったよ。
で、毎年植え替えるかっていうと自信ないなー ハハハ

科名:キンバイザサ科

学名:Rhodohypoxis baurii

原産地:南アフリカ

草丈:5cm~10cm

開花期:4月-5月



ムスカリ  別名 グレープヒアシンス
c0134862_19451464.jpg
こちらも我が家の庭に植えっぱなしで開花してくれる優等生。

科名:ユリ(キジカクシ)科

学名:Muscari

原産地:地中海沿岸-南西アジア

草丈:10cm-30cm

開花期:3月-5月




チューリップ
c0134862_1225241.jpg
c0134862_19511758.jpg
c0134862_19514895.jpg
こちらも植えっぱなし。
毎年葉っぱだけは土から現れるのですが、数年に一度しか花は咲きません。
堀り上げて休眠期間をなんてしたことありません。
だからでしょうねー いったい今までどのぐらいのチューリップの球根を植えたのでしょうか?
淘汰されたものも多数と思われる。。
今年は赤い花が4輪咲きました。 多い年だと思います。。
白い球根も昨年遅くに植えた記憶があるのですが、そちらはダメだったのかなー?


科名:ユリ科

学名:Tulipa

別名:ウッコンソウ《鬱金草》

地中海沿岸

草丈:30cm~70cm

開花時期:3月-5cm


スノーフレーク 別名 スズランズイセン 
c0134862_2012037.jpg
2か所に分かれたくさん咲いてます。。
2度の引っ越し時にも鉢植えで持ってきたのですが、今の存在感を考えると相当増えたのでしょう。
簡単に育つタイプなのか、我が家の花壇の放置っぷりが生に合ったのかな。
増え続けてます。


科名:ヒガンバナ科

学名:Leucojum aestivum

別名:スズランズイセン

原産地:中部ヨーロッパ

草丈:30cm~50cm

開花期:3月-5月




水 仙    セッチュウカ(雪中花)

c0134862_2220352.jpg

c0134862_22201027.jpg
c0134862_22201621.jpg
水仙って買った覚えないんだよね、、、
しかも3種類もあるし~ (笑)
お義母さんちにあったのが、増えて植えておいてくれたのかな~??
特別好きな花ではないけれど、春が近づいて来たことを教えてくれる最初の球根、お庭に華やかさが現われ、続いて芽吹きが始まる感じかな。
2枚目のミニタイプは小さくてとてもかわいいww

スイセンの仲間はおよそ30種の野生種があるんだそう。ラッパ水仙とか日本水仙とか聞き覚えあるなー。

科名:ヒガンバナ科

学名:Narcissus

原産地:地中海沿岸・北アフリカ
スペイン・ポルトガル

草丈:20cm-40cm

開花期:11月~4月





ハナニラ   別名 イエイオン アイフェイオン
c0134862_2019124.jpg
c0134862_0317.jpg



我が家の庭に大量に生息しているハナニラ。 すごい量です。
色は3種類、 薄紫と白、黄色
咲いている時期はかわいいのですが、あまりの繁殖ぶりにちょっと辟易。
だって芝生の中から現れちゃうんだよ(・・?  なんでーって感じ。
目土や鉢植えの移動のときにでも私が落とした球根が増えたのかな?

可哀想だけれど、今年はお庭に生息している“薄紫のハナニラ” 五分の四程度 処分しました。

イエイオンの仲間はおよそ25種が知られていますが…  って、そんなにあるんだー!
草花って調べ始めると楽しくもあり、無知なことに自分でがっかり(笑)

楽しくガーデニングしてかなきゃ。。




科名:ユリ(ヒガンバナ)科

学名:Ipheion uniflorum
 
原産地:中央~南アメリカ

草丈:15cm~20cm

開花期:3月-4月
by olive9926 | 2014-04-02 10:43 | T´s Garden | Comments(0)
<< 2014 桜 さくら @ 川越... 2014 flower 樹木 花水木 >>