2013 Walk with dog

シニアになってもいつまでも一緒に歩こう。

最近、散歩に行きたがらない。
散歩に行っても歩く距離が短いなど。
愛犬にそんな変化ありませんか?
これらは歳のせいと思われがちですが、もしかしたら年齢に関わらず、子犬の時期から関節に異常を抱えているかもしれません。
もしもそうだとしたら、歩き方や座り方にも変化が出ている可能性もあります。
早期発見をしていつまでも一緒に、そして元気に散歩するためにも、一度関節の検査をしてみませんか?

検診キャンペーン(別途診療費がかかります)

こんなキャッチコピーが書いてあるはがきがジャスミン宛てに届きました~!
かかりつけ病院からのハガキですが… ジャスミンよりも年を重ねているオリーブの名前がありません… なじぇじゃ??
数日待てどもハガキが来ません。。

もう一度、はがきを読み返すと… あはは
 
このハガキは8~10歳のワンちゃんを対象にお送りしています。

って書いてありました~(笑)
そう、14歳のオリーブに届くわけないんですが、11歳以上のコは検診をする意味がないのでしょうか?
それとも手遅れなのでしょうか~??
c0134862_21482026.jpg
14歳と7ケ月のオリーブ(今日もプライムランドで泳いできました ピース)。
若いころのようにはいきませんが、お散歩も泳ぎも現役??
検診では、あちこちシニア度合いの進み具合に一喜一憂してますが、筋肉隆々ですね~なんて言われるといや~なんて言いながら“よし”ヤッタネオリーブって感じです。
関節の検査なんて触診以外したことないけど、この年齢まで症状が出てこなかったって事は大丈夫って烙印なのかな~?
by olive9926 | 2013-09-18 21:28 | Olive♪ 病気・怪我
<< 2013 中秋の名月 2013 相模川上流 >>