2011 J “病理組織学的診断書” 骨形成性エプリス

送付組織  骨バイオプシー  

病理組織診断


摘出された組織では、分化の高い骨組織が採取されたいます。
一部骨は繊維状を呈しています。
病変内には細胞成分は乏しく、明らかな悪性所見、増殖所見は認められません。
同時に採取された軟部組織では、歯肉粘膜とその深部の分化の高い結合組織から成り立っており、明らかな病変は認められません。

本来の骨組織ではなく、骨化生により形成された組織と考えられます。
歯肉部の病変であり、歯周靭帯由来の骨形成性エプリスの可能性が示唆されます。
検索した組織では、明らかな悪性所見は認められず、良性の病変と考えられますが、増大傾向を示すようであれば、外科的な切除をお勧めします。


覚書です!
by olive9926 | 2011-11-24 13:03 | Jasmin♪ 病気・怪我 | Comments(0)
<< 2011 J 腫れの酷さに… 2011 ウッドデッキ メンテナンス >>