2011 オリーブの“病理組織学的診断書”

送付組織   乳腺部腫瘤  

病理組織診断

乳腺腺癌 mammary adenocarcinoma


摘出された乳腺には、結節性の腫瘍性病変が形成されています。
腫瘍は乳腺上皮細胞の管状から充実性増殖から成り立っています。
個々の腫瘍細胞は軽度から中程度の異型性を示していますが、分裂は少数です。

摘出された乳腺では、結節性の腫瘍病変が形成されており、腫瘍細胞がやや密で不整な配列を示すことから低悪性度の乳腺腺癌と診断されます。
腫瘍の境界は明瞭で、周辺組織やマージン部への浸潤は認められません。
マージン部に腫瘍細胞は認められず、摘出状態は良好で、今回の外科的切除により予後は良好と考えれます。


覚書です!

昨年摘出の病理組織検査結果は…   ここをクリック
by olive9926 | 2011-11-02 12:19 | Olive♪ 病気・怪我 | Comments(2)
Commented by サスケ at 2011-11-15 10:26 x
心配なものは完璧に取れたってことだね!
ひょんなことから見つかった腫瘍。はやくて良かった。
このための姉妹喧嘩だったかも?
Commented by olive9926 at 2011-11-15 10:55
☆ サスケママ~ ☆
心配ありがとう♪
オリーブの病歴も回数が多くてそろそろ頭に入らなくなってきた!
年に一度手術している事になるみたいだけど…  乳腺腫瘍に関しては早く発見出来さえすれば、何とかなるっぽい気がする。
慣れっておそろしいけど、そんなもんなのねーー。

それにしても姉妹喧嘩には驚いた!  オリーブもジャスミンも気が強い。思い出してみるとネコのシャンもかなり気が強かった。。
我が家の女性陣みんな気が強いのかーー、それともそうなってしまうのかぁーー   どちらだろう(笑)
<< 2011 パンク修理 2011 リラックスしすぎじ... >>