2011 中秋の名月・十五夜

お月見豆知識だよぉ!!

一年のうち最も空が澄み渡り月が明るく美しいことから、古来より中秋の名月は観月に最適の時節とされている。
なかでも中秋の名月・十五夜はひときわ美しく、十五夜(9月中旬の満月)、十三夜(10月中旬の満月)は、その年の収穫を月に感謝するという行事。
ちなみに、十五夜か十三夜のどちらかしか見ない事を「片月見(片見月)」とよばれ縁起が悪く、両方観るのが望ましいらしい~。   ← 知らなかったわぁ \(゜ロ\)(/ロ゜)/


お月見の習慣は、平安時代「中秋の名月」を祝う習慣として一般的になったようです。
月を祝うのは、昔、収穫の作業が夜まで続く時、明るく照らしてくれる満月に感謝をしたのです。
また満月に豊作を祈願する意味もあります。

お供えするものは、団子、サトイモなどの丸いものやススキ、秋の七草などを東に向けて供えます。
月見団子は中国の月餅がルーツとも、作物の代用だとも考えられています。
主に、関東では丸型の団子が、関西では先細りの餅に餡を巻いたものが用いられます。


なんだか知らなかったのか、聞き流していたのか、改めて頭に入った感じ(笑) 
c0134862_0185168.jpg
昼間会社の駐車場から分けてもらったススキの仲間~    雰囲気いいかな。。
c0134862_0191542.jpg
お団子作る暇も無かったし、デパ地下で吟味~??  いやいや、お月見団子だぁ~  豆大福の方が美味しそうかも~なんて言っているうちに、モロゾフのレアチーズケーキに惹かれちゃって、お団子じゃなくってまーるいチーズケーキになっちゃった ハハハ  まっ、いいよね♪
c0134862_0183470.jpg
お庭から見たお月さま♪

来月、十三夜もお空見上げよう www
by olive9926 | 2011-09-12 21:27 | Mama Life
<< 2011 デジカメ修理完了!! 2011 ぷりん >>